キャンペーン&ニュース

お宮参りを愛知県内でするには。詳細と撮影を詳しくご紹介

news_campaign

目次

  • お宮参りを愛知県でしよう!そもそもお宮参りとは
  • お宮参りはなにをする?
  • 愛知県内には神社がたくさん。神社の選び方とは
  • お宮参りに参加する人や服装はどうしたらいい?
  • なにが必要になるの。準備するものとは
  • お宮参りの写真の残し方
  • まとめ

意外と今更聞けないことの行事の1つにお宮参りがあります。お子様誕生までもお子様が生まれてからもバタバタするものです。そうしているとあっという間に時間は過ぎていきます。

いざお宮参りを愛知県でしようとしてもどこからはじめていいかなど気になっている人も少なくありません。そんな方々のために、お宮参りについてまとめました。

お宮参りを愛知県でしよう!そもそもお宮参りとは

お宮参り 神社

お宮参りとは、そもそも神社になにしにいくものかご存知でしょうか。神社にただ参拝することではありません。

お子様が無事に生まれたということを氏神様に奉告、御礼します。そして、今後のお子様の成長を見守ってもらうようにお祈りをすることが、お宮参りの行事となっています。

お宮参りを愛知県でしようといざ思ったときに、どれくらいの日数でいけばいいのでしょうか。男の子であれば生後31日目、女の子は33日目を目安にお参りにいくことが多いです。これはあくまで目安なので、お子様やお母さんの体調、ご家族の予定で決めましょう。

お日柄も必ずしも大安でなければならないという決まりはないので、予定次第で自由に日程を決めることができます。しかし、あまり日柄が悪い日はできるだけ避けるのをおすすめします。

お宮参りはなにをする?

お宮参り 双子

神社でお宮参りをするときは、参拝だけする場合とご祈祷を受ける場合と2つのパターンがあります。

参拝だけする場合は、通常の参拝方法と変わりはありません。そのため、時間があまりなく気軽にふらっと立ち寄るというのであれば、通常の参拝だけでいいかもしれません。

ご祈祷する場合は、しっかり神社を調べる必要があります。神社によっては、事前に予約が必要な場合もあります。

そのため、当日ご祈祷に神社へいっても希望の時間が予約で埋まっているかもしれません。せっかくご祈祷にきても、待ち時間が発生する場合もあります。

まだ小さいお子様や体調がまだ戻っていないお母さんのことを考えると、しっかりと神社を事前に調べ、予約が必要なのかどうかを知っておく必要があります。

また、お宮参りを愛知県内でしようとしたときに、調べると当日予約のみで行っている神社もあります。そういった場合、先に代表の人だけ社務所で受付してきてもらい、予約時間の合流でもいいかもしれません。

お宮参りのご祈祷は初穂料や玉串料の準備が必要となります。金額はさまざまです。そのあと、拝殿に入り、祝詞を上げてもらうのが一般的です。

愛知県内には神社がたくさん。神社の選び方とは

神社 お宮参り

愛知県内にはたくさんの神社があります。なかでも人気な神社などがあります。お宮参りを愛知県内でするとき自分はどこへ行くのがいいのかなど、事前に調べてみましょう。

1.熱田神宮

愛知県で有名な神社の1つといえば、熱田神宮でしょう。観光客も多く、お宮参りだけでなく、熱田神宮には結婚式会場もあります。愛知県のなかでも、神事や祭典などさまざまな行事が行われており、由緒正しい伝統のある神社のひとつです。

人気があるゆえ、日柄がいい日は混雑することも多く、参道は砂利道です。駐車場も大きいですが、混雑が予想されますので、時間に余裕があったり、早めの時間にご祈祷するのがおすすめです。

2.塩竈神社

名古屋市天白区にある神社です。人々に漁業や煮塩の製造法を教えになったとされている鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)が御祭神となっています。

潮の干潮に出産が関係しているといわれているため、安産守護神として信仰されている神社となっています。

そのため、妊娠中に安産祈願に訪れているかたが多いといわれています。そのため、お子様のお宮参りも同じ、塩竈神社で行う人が多いのではないでしょうか。

3.真清田神社

こちらの神社は一宮市にある神社です。尾張国一之宮とよばれているのがこの真清田神社となっています。最も社格が高いとされている神社が一之宮とよばれていることもあるため、遠方からお宮参りに来られるかたも少なくありません。

ただ、こちらも遠方から訪れる人もいる神社であります。そのため、時期などはしっかりみておかないと混雑することも予想されるため、あらかじめ、しっかりと決めることが必要となってきます。

4.田縣神社

小牧市にあるこちらの神社は農業をつかさどる神様で五穀豊穣の守護神が祀られているそうです。

また、人気な理由のひとつに男性のシンボルが至る所に置いてあり、観光としても有名な神社です。男性のシンボルは衝撃的ではありますが、子宝、安産で有名で他の神社では見られないため、人気となっています。

ただ、インパクトもあり、普段から参拝客も多く、ご祈祷も待ち時間が発生することも予想されます。

      

お宮参りに参加する人や服装はどうしたらいい?

お宮参り 服装

昔はお宮参りをする人は両親と子供だけでなく、父方の祖父母が参加するのが習わしでした。しかし、現代でこうといった決まりもないため、祖父母が遠方に住んでいたり、これない事情がある場合は両親とお子様のみでも大丈夫です。

そのため、この日にお宮参りを愛知県内で行くから一緒に行きますかなどと声がけするだけでもいいかもしれません。

お宮参りには行くときには大人は正装である必要があります。神様のもとへお参りする神事になってきます。普段着ではなく、黒や紺などのシンプルなカラーのスーツやワンピースなどを着用する方が多いです。

また、着られるのであれば、和装でお宮参りに参加するかたもいます。このときもパステルカラーなどのシンプルな色味の訪問着か色留袖を着用するのがおすすめです。

しかし、授乳や自分の動きやすさのことも考えて、今はワンピースやスーツといった洋装でするかたも多いです。

お宮参りは、白羽二重(しろはぶたえ)の内着に着物(産着・初着)を掛ける和装がお子様の正装となります。

今は、ベビードレスなどの洋装に着物(産着・初着)を掛けるのが多いです。

季節によってはお子様の温度管理も大変になってくるので、お参りやご祈祷のときだけ着物を掛けるのがおすすめです。

お子様の着物は購入だけでなく、レンタルなどそれぞれのご家庭でそれぞれの準備が必要となってきます。購入の場合、すべて揃っていることもあり、また家ごとの紋が入り、絵柄も選べます。

レンタルの場合もある程度選択することは可能ですが、あまり数はないかもしれません。日柄のいい日程もかぶってくるので、早めにレンタルの日程を決める必要があります。

なにが必要になるの。準備するものとは

初穂料 お宮参り

お宮参りではなにが必要となってくるのでしょうか。お子様の持ち物だけで精一杯になっていて、忘れ物がでてくるかもしれません。そうならないためにも、今一度持ち物をチェックする必要があります。

特に重要なのは、お宮参りでご祈祷を受けるなら、初穂料です。しっかりのし袋や白封筒などにいれて準備する必要があります。神社によっては受付で支払いすることもありますが、タイミングは神社によって違います。すぐに渡せるように準備もしておくのがおすすめです。

また、お子様にとってはじめての長い外出になることが多いです。お世話グッズなどの確認も今一度必要となってきます。それとは別に、お宮参りを愛知県でするときに季節によっては、寒さ、暑さ対策が必要となってきます。しっかり季節と当日の気温を調べて事前準備をしましょう。

お宮参りの写真の残し方

お宮参り 写真

お宮参りを愛知県内でするとき、せっかくだから形に残したいというかたが多いです。写真はさまざまな方法があります。神社によっては常駐しているカメラマンがいる場合があります。

また、着物などをレンタルする場合は呉服店などのスタジオで撮影できることもあります。そのほかにも出張ロケーション撮影をお願いしたり、色々な方法があります。自分がどういった写真を残したいかで、調べて残してみるのがおすすめです。

・Luceでお宮参りの写真を残す場合

せっかくなので、かちっと残すのではなく、今どきな感じで写真を残したいというかたも増えています。赤ちゃんのときは一瞬の時間です。色々ばたばたしているとあっというまに時間はすぎていきます。そのため、しっかりと写真として形を残すのもおすすめです。

小牧市に新しくOPENしたLuceではどんな写真が残せるのでしょうか。お宮参りのプランをご紹介してきます。

お宮参りのプランは洋装プランの適用になります。

撮影料 3,300円

データ代 28,000円

土日祝 +5,500円

となります。

このなかには1人撮影はもちろん、家族撮影も含まれています。

大人のかたは貸出しがないので、ご来店時の服装での撮影になります。

このご家族様撮影にはご主役のお子様が写っていれば、祖父母とも一緒に残すことができます。人数制限は設けていないため、皆様そろって撮影されるかたも多いです。

また、ごきょうだいがいらっしゃる場合、きょうだい撮影もさせていただくことができます。この場合も、衣装含まれていないので、ご来店時のお洋服で撮影になります。

もし、衣装を着る場合、年齢によって、洋装の衣装のご用意があるので、追加料金で着ていただくことができます。衣装を追加料金で着る場合は、おまかせになりますが、ヘアセットもさせていただけます。

お宮参りのご本人はというと、衣装は1着着ていただくことができます。もちろん、お持込のベビードレスを着ていただいても構いません。

その場合でも、1着としてカウントされてしまうので、もってきていただいて見比べていただいてから決めていただいてもかまいません。

Luceでは、御祝着、いわゆる産着の撮影はサービスでおこなっています。そのため、御祝着の写真も残せて、ほかにもう1着の写真も残せるというプランになっています。

新しくはじまった特典に、レンタルがあります。上記の洋装プランで撮影されたかた限定で、撮影当日の御祝着レンタルをおこなっています。

当日だけの特別プランではありますが、無料で御祝着がレンタルになるので、撮影後に神社にそのままいけるのも嬉しいのではないでしょうか。

まとめ

お宮参りを愛知県で検討しているかたはまずは神社から探してみるのも1つの方法です。また、写真をどのように残したいかで撮影するスタジオを選んでみるのがおすすめです。

Luceでは、予約制ではありますが、見学などもおこなっております。ほかにもイベントなどで少しお得に写真が残せたりすることもあります。

気になっているかたは、イベントなどを利用し、様子を伺うのもひとつの方法です。撮影に関して、少しでも疑問や不安に思ったことも気軽にお問い合わせDMなどをお待ちしております。

新着キャンペーン&ニュース

Luceは厳選された本物のアンティークと
ドライフラワーに囲まれたフォトスタジオです

TEL 05685433359:00-18:00 火曜定休
撮影中などでお電話に出られないことがありますので
ご了承ください

愛知県小牧市北外山字池田1747-1

名鉄小牧線「小牧口」駅から南へ徒歩10分
小牧口駅から540m